リアフェンダーはほとんどの車がボディと一体構造となっています。そのためへこみの場所によっては内張りを外してもツールがうまく入らないこともあります。今回はオーナー様の許可を得たうえで、タイヤハウス内にドリルでツールを挿入する穴を開けさせていただいたおかげで、へこみは綺麗に直すことができました。施工後は穴あけ部にさび止めを処置し、樹脂キャップで塞ぎます。フェンダーカバーが装着されるので外観上は穴の箇所は全く見えなくなります。