ホンダシャトルのリアフェンダーのヘコミです。
工具の導線を確保するためにインナーカバーを外し、ドリルで裏側に穴を開けました。
施工後はノックスドールで防錆処理を行いキャップで穴を塞ぎます。
塞いだ跡はインナーカバーに隠れますので外観上は発見できなくなります。
もちろん穴あけ作業はお客様の許可を頂いた上で行います。どうぞご安心ください。