ひび割れのあるフロントガラスでは車検に通りません



車を運転中にピシッという嫌な音とともに、写真のようなひび割れはできていませんか。これらのひび割れの原因は前走車が跳ね上げた「飛び石」です。ひび割れがあるフロントガラスでは車検に不合格となるばかりか、放置すると徐々にひび割れが広がって高額なガラス交換を余儀なくされます。気が付いたらできるだけ早くガラスリペアの施工をおすすめいたします。

ガラスリペアなら高額なガラス交換を回避できます



専用の機材を使って紫外線で硬化する特殊な樹脂液(レジン)をひび割れに圧入してキズを塞ぎます。ガラスリペアを施工することで外観上の修復とひびの進行を防ぎ、通常10万円以上するガラス交換を回避できます。ひび割れた状態と比べると補修箇所の強度は格段に向上し、車検にも問題なく合格できます。

ガラスリペアの最新鋭の機材を導入

ガラスのひび割れの補修には、ひび(キズ)の中の空気を取り除いて「真空にする力」と紫外線硬化レジンを「圧入する力」が必要です。機材の性能はガラスリペアの仕上がりに直結します。当店が導入しているアメリカ最大手のグラスウエルド社の最新鋭の機材は「真空」と「圧入」の工程を世界トップレベルの高い精度で実現します。

ガラスリペアのメリット

  • ガラス交換に比べると安く済みます
  • 車検に合格できます
  • ひび割れの進行を防ぎます
  • 自動車保険を使わずに済みます
  • 1時間程度の短時間で修復できます

>>ガラスリペアの【施工例】はこちら

フロントガラスリペア 施工料金

1ヶ所目 ¥15,000(税別)
同じ車のガラスで2ヶ所ある場合 ¥22,500(税別)

※直径2cm程度までのひび割れを補修可能です。
※ガラスの端にできたひび割れなど、条件によって補修できない場合があります。
※ほとんど目立たなくなりますが、若干の修復痕が残ります。

ガラス修理サービスご利用にあたってのお願い事項

・施工中にひび割れが延伸する修復できないひび割れが極稀にございます。
・万が一そのような場合にはガラス修理施工料金はを頂きませんが、ガラス交換が必要です。
・施工後何らかの原因でひび割れが延伸した場合、施工日から30日以内は無償で再施工をいたします。ただし再施工が不可能と判断した場合にはガラス交換が必要です。
・ガラス交換にかかる費用はお客様負担でお願いいたします。

ひびが伸びてしまう原因と対策

    • ガラスの急激な温度変化

凍結時にお湯をかけるのは厳禁です。デフロスター(エアコンの曇り止め)の使用もできるだけ控えて下さい。

    • 雨や雪で内包した水分が膨張する

ひび割れ内部に水分や異物が入らないようにビニールテープなどで塞いで下さい。

    • 走行中の振動や車体のねじれ

急発進、急ブレーキ、急ハンドルを控えて、穏やかな運転を心がけて下さい。

    • ドアの開閉時の内圧の変化

ドアを勢いよく閉めないで下さい。可能であれば窓を少し開けておくと尚良いです。

施工にあたって

  • ひび割れ内部の水分を飛ばすため、15~30分程度暖気をとる場合があります。
  • ガラコなどの撥水剤の使用は避けて下さい(必要に応じて部分的に除去することがあります)。
  • 衝突被害軽減ブレーキ装着車は、ガラスリペアの施工によってメーカーの動作保証の対象外となる場合があります。
  • HUD(ヘッドアップディスプレイ)装着車は、施工箇所によってはHUDが正常に投影されなくなる場合があります。
  • 時間経過により内部に異物が侵入して仕上がりが悪くなります。出来るだけ早めの施工をおすすめします。