お車のヘコミでお困りの方へ

デントリペアは車の「へこみ」のお悩みを解決いたします。

お車に「エクボ」ありませんか

例えば、買ったばかりの愛車にエクボを見つけたらショックですよね。実は同じような経験をされている方がたくさんいらっしゃいます。

鈑金の見積が高かった

鈑金塗装で小さなへこみを直そうとすると修理費が割高になる傾向があります。また再塗装すると色も直したパネルだけ微妙に変わります。

隣の車からドアパンチ

駐車場で隣の車からドアを当てられてへこみができた…そんな経験ありませんか?修理を検討されている方はデントリペアにご相談下さい。

車の気になるヘコミは、まずデントリペアをご検討下さい!

車の気になるヘコミは、まずデントリペアをご検討下さい!

デントリペアは「車のヘコミを塗装しないで修復する」技術です。

【綺麗】塗装しません

デントリペア専用の工具で「へこみを裏側から突いて復元」します。再塗装をしないので新車の塗装のまま修理ができます。塗装色の違いやボカシの影響、パテ痩せの心配がありません。

【早い】即日納車が可能です

デントリペアは鈑金修理に比べて作業工程が少ないのでスピーディーです。小さなへこみであれば施工時間は数時間程度です。お車をお預かりした当日中に納車ができます。

【安い】鈑金塗装の半額以下の料金

デントリペアは技術料がほとんどで、材料や設備を必要としません。そのため鈑金塗装と比べて半額以下の料金になることもあり、とてもリーズナブルです。

デントリペアの直し方

デントリペアの工具や作業風景をご紹介します。

デントリペア専用の工具

デントリペア専用の工具

画像のような細長い金属の棒を使って、へこみを押し出して修理します。しならずに力を伝えられるデントリペア専用設計の特殊工具です。多種多様なへこみがあるように、大小長短、様々な形状のツールを用意しています。ヘコミの形状・大きさ・場所に合わせた最適なツールを選択します。

ドア修理の作業風景

ドア修理の作業風景

例えばドアのへこみを直すときは、ドアガラスとモール(サッシ)に隙間を作り、デントリペアツールを挿し込んで、へこみの裏側にアクセスします。ドアの修理作業はヨガのような姿勢になります。LEDライトでへこみを照らして、陰影をよく観察しながら、徐々に直していきます。

出っ張りは表面から叩く

出っ張りは表面から叩く

へこみは押し出すだけではなく「出っ張り」の修正も不可欠な工程です。デントリペアでは樹脂製ポンチなどを扱い、塗装面を傷つけることなく、ミリ以下のレベルで微妙な表面の凹凸や塗装肌を調整します。

左後ドア修理(フィット)

左後ドア修理(フィット)

マツダレッドと呼ばれる鮮やかな赤色は、補修塗装が難しく鈑金での修理は高額になる傾向があります。デントリペアでは塗装に関係なくへこみを修理できるため、最適な修理方法と言えます。

【施工料金】¥15,000(税別)
【施工時間】約1時間
※料金と時間は目安です。

右前フェンダ修理(アクア)

右前フェンダ修理(アクア)

フェンダーは前後左右のタイヤを覆っているパネルです。プレスライン(角張った所)のへこみは非常に硬く、従来は修理困難と言われていました。しかし条件が整えばこの施工例のように十分に修復可能です。

【施工料金】¥25,000(税別)
【作業時間】約3時間
※料金と時間は目安です。

テールゲート修理(ノート)

テールゲート修理(ノート)

テールゲート(トランク)は、車の移動中に障害物にぶつかって凹んでしまうケースが多く、比較的大きなへこみが出来やすい箇所です。内張りを外して、裏側からへこみを丁寧に突いて直します。

【施工料金】¥20,000(税別)
【作業時間】約2時間
※料金と時間は目安です。

電話でのお問い合わせ

当店は予約制となっております。「車種」「へこみの場所・大きさ」を事前にご確認いただけるとスムーズです。施工の可否や概算見積、ご来店の日時を相談いたします。代車が必要な場合はお申し付けください。
080-6756-8643(担当:高井)
受付時間 8:30~18:30

メールによるお問い合わせ

「車種」「へこみの場所・大きさ」をご明記ください。作業の可否や概算の見積などを返信いたします。よろしければ来店される日時も併せてご連絡願います。
問い合わせフォームへ

最新記事

よくある質問 FAQ

どうやってヘコミを直すの?
専用工具を車のボディの隙間に入れ、ヘコミをパネルの裏側から押し出して元の形状に復元します。
鈑金塗装や軽補修との違いは?
デントリペアはパテ埋めや再塗装を行いません。新車時の塗装面を残したまま修復する工法です。小さなヘコミでも修理に費用と時間のかかる従来の鈑金塗装に比べると「低価格・短時間・高品質」に仕上がります。キズや塗装剥げは直せませんが、タッチペン等での補修を前提にデントリペアを依頼される方もいらっしゃいます。
どんな場所・サイズでも直せますか?
デントリペアは万能な修復方法ではなく、場合によっては施工をお断りすることもございます。サイズは1cm以下のわずかな歪みから20cmを超える大きなヘコミまで対応できますが、内部構造やヘコミの症状により判断は変わってきます。まずはお気軽に見積依頼をいただければと思います。
デントリペアで直せないヘコミはありますか?
デントリペアは直せるものに関しては抜群の威力を発揮しますが、万能ではありません。
以下ような場合はデントリペアでは直せないことが多いです。

×走行中に接触してできたダメージの大きいヘコミ
×ガードレールや平垣などに「ガリガリ」「ズリー」と擦ってしまったヘコミ
×カーボン素材や樹脂部分のヘコミ
△塗装にキズがあるヘコミ(塗装は修復できません)
△エッジ(縁)の折り返し部分、二重構造や袋構造の部位(工具が入らない場合)
△鉄板が伸びてしまっていると思われるヘコミ(極端に深いヘコミなど)

直せるか直せないかは、ご自身でご判断つきにくいかと思いますので、遠慮なくお気軽にご相談下さい。
デントリペアに限らず最良の方法をご提案致します。
デントリペアにデメリットはありますか?
コストパフォーマンスに優れるデントリペアですが、料金がヘコミの大きさを基準に決められている為、ヘコミが大きくなりすぎると価格的なメリットが薄くなります。また施工にあたってリスクが生じるケースがあります。その点は施工前に十分にご説明をさせていただきます。お客様が説明にご了承した上で作業にとりかかりますのでご安心ください。
鈑金だけでは不十分なのですか?
それぞれ一長一短があります。鈑金塗装が広範囲に様々なケースを修復できるのに対して、デントリペアはヘコミだけの修復に特化した技術です。ドアパンチによるエクボ形状のヘコミや雹害車のような塗装面にキズのないヘコミなどは、特にデントリペアに優位性があります。鈑金業者様からデントリペアのご依頼をいただくこともございます。